妊娠線を徹底ケア|しっとり保湿クリームでお肌をキレイに保つ

夫婦

ケアを毎日しよう

化粧品

年を重ねることで人は乾燥しやすくなってくるため、妊婦さんの誰しもが妊娠線になる可能性があるのが妊娠線の特徴です。妊娠線予防に使うものは、肌に潤いを与えて自分に合っているものなら何でも良いため人気があります。

妊娠したらすぐに購入

美容クリーム

妊娠線を予防するためには、妊娠初期の頃から保湿クリームを使うことが大切です。また、妊娠後期からは保湿性の高いものに切り替えることで、より高い予防ができます。また急激な体重管理も妊娠線の原因になるので、気をつけると良いです。

妊娠中の肌の悩み

妊婦

妊娠線とは妊娠5〜6か月目頃からお腹や乳房、太ももに出来るひび割れのような線のことをいいます。体重が増えすぎないようにして、妊娠線ができやすい場所にクリームやオイル、ジェルなどで保湿をすると妊娠線を予防し目立たなくすることができます。

できないようにするために

妊婦

使う人にとって効果が高い

妊娠をした妊婦さんの体の悩みの一つに妊娠線があります。妊娠線は、お腹が大きくなるときに皮膚が伸びたり、また出産後にその大きくなったお腹の皮膚が元の大きさに戻ろうと縮む際にスイカの皮の線のような跡が皮膚に残ってしまうことを言います。妊娠線ができてしまう原因は、皮膚の保湿が足らず柔軟に伸び縮みができなかったからです。そのため、妊娠が分かった妊娠初期の頃から、お腹周りのお手入れを行うことが大切です。妊娠線対策には、妊娠線予防専用の保湿効果がある成分が配合されたクリームも販売されています。このような妊娠線予防専用の保湿クリームは、妊娠線をできにくくするために効果が高い有効成分や保湿効果が高い美容成分を含んでいるため、今後さらに使う人が増えていくでしょう。

考えられている

妊娠をすると、妊婦さんの多くが妊娠による体の変化でそれまで平気だった香りや味に敏感になることがあります。香りや味に敏感になることでつわりがひどくなったりします。それ以外にも、妊娠中は多くの妊婦さんの肌が外部の刺激に敏感になります。そのため、妊娠線の対策をする際にもクリームに配合されている成分に気をつかう必要があります。妊娠線予防専用の保湿クリームが人気があるのは、妊婦さんでも安心して使うことができるように低刺激の成分を使うようにしていたり、ニオイに敏感になる妊婦さんが多いため、香りのない無香料にしたり、ほのかな香りのみをつけた商品がほとんどだからです。また、お腹が大きくなっても使いやすいようにクリームの伸びが良いものがほとんどです。